近くの残土処分場を探すならスナビッド【利用料0円のマッチングSNS】

残土info

スナビッドは、「限りある資源の循環で、建設業界を最適化」をスローガンとして開発されたビジネスマッチングSNSです。

2021年は利用料・登録料ともに無料のキャンペーンを実施していますので、このお得な機会にぜひ会員登録してみてください。

スナビッドは以下の方のニーズにお応えするSNS

  1. 残土処分場を経営する方
  2. 残土処分場をお探しの方
  3. 運搬業(ダンプ等)をしている方
  4. 運搬業をお探しの方
  5. 資材を貸したい方
  6. 資材を借りたい方
  7. 求人広告を出稿したい方
  8. 建設関係の求人をお探し中の方

法人・個人問わずご利用いただけます。

また、キャンペーンは予告なしに終了することがありますので、あらかじめご了承ください。

2021年利用料・登録料0円キャンペーン【建設残土を処分するならスナビッド】

»スナビッドサービスサイトはこちらから

【SDGs】スナビッドは「砂不足」の解決に取り組む優良サービス

普通に暮らしていると全く意識しないことですが、現在、世界では深刻な砂不足が起きています。砂の他に、水不足なども世界の各地では起こっています。

日本はかなり恵まれた国ですし、世界は昔より確実に良い方へ向かっています。ファクトフルネスという本でも、データをもとに世界がどれだけ良い方向へ進んでいるのかが説明されています。

「じゃあこのまま放っておけばいいじゃん」

「黙ってても誰かがよくしてくれるからいいじゃん」

と、僕らは思ってしまいがちです。少なくとも僕はそう思って生きていました。

が、それではいかんということで今回「スナビッド」を開発しました。

誰かがよくしてくれるの「誰か」が自分ではよくない理由はありません。そして、その「誰か」が自分であっても良いのがこの世界です。

ITは世界をもっとよくすることが出来ると信じていますし、世界を断絶するものではなく、世界をなめらかにするものであると信じています。

砂は今となっては限りある資源の一種

例えばインドネシアでは、砂不足が原因で島がいくつもなくなっています。

「島が失くなる」

というパワーワードは、この社会問題に興味がなければ一生出会わないワードではありますが、実際に砂不足で島が丸ごとなくなったりしています。

この主な理由は、

  • 自然現象
  • 埋め立て

です。

この中でも特に埋め立て工事のために、かなりの量の砂が使われています。インドネシアは、シンガポールの埋め立てのために砂を掘り起こして搬出していました。そのために、砂がなくなった、最終的に島がなくなったと言われています。

シンガポールは砂で埋め立てをして国土を広げた国です。

今後もシンガポールは砂をどこからから輸入するのでしょうが、もうASEANでは砂の輸出を禁止する政策が実施されています。

一方、日本では砂が割と有り余っている

日本は国土が比較的狭いのですが、その中で常にどこかしこに高層ビルが建てられています。

その時に余るのが建設残土というわけですが、この残土を処分するにもそろそろ国土的に余裕がなくなってきています。

残土処分場建設工事に反対する市民運動が活性化していたり、実際に土砂災害が発生したり、もう日本では残土をうまく運用することが出来ていません。

ですから、まずは国内で、砂を有効活用する方法を考えなければなりません。

スナビッドでは、残土処分と運搬業者のマッチングだけではなく、砂を回収したその後のことまで考えてサービス展開をしていきます。

建設発生土のみならず、建設業界のIT化を牽引したい

建設業界を若返らせるのも1つの目的です。

土木・建設業は人間が地球に生息する限り一生なくならない業界なわけですが、高齢化がかなり進んでいると肌で感じています。

僕自身は建設業出身ではないのですが、やはり働く人を見ると「高齢化やな」と感じてしまいます。それが悪いわけではもちろんありません。そもそも日本が高齢化しているのですが、無理もない話です。

しかし一方、IT業界はずっと若いです。

若者があえて入っていきたい業界がIT業界なわけです。

なので、ITの名の下に建設業界の高齢化を食い止めて、若々しい産業にしていけたらとも思っています。

今回はちょっと運営者の決意表明のようになってしまいましたが、どうぞスナビッドをよろしくお願いいたします。

»スナビッドサービスサイトはこちらから